FC2ブログ

鉄道模型レイアウト背景の交換を考える

約5年前、紙に印刷したビル群と空をレイアウト背景として貼ってみました。
P1450344_.jpg

これが現在の様子。大分色褪せてきてます。
鉄道模型レイアウト背景

ここはレイアウトメンテ時など、裏から紙を外すことがあり、大分しわしわになってきました。
鉄道模型レイアウト背景

鉄道模型レイアウト背景

5年前の右奥。
P1420214_.jpg

こちらは現在。
鉄道模型レイアウト背景
紙が透けてきてます。

なので、背景を交換しようかなと検討してます。考えたのは材質を紙ではなく布にすること。
町でよく見かけるノボリなど作っている業者に生地見本をお願いしてみました。
鉄道模型レイアウト背景

左側4種類が布素材、右側2種類は皮っぽい素材です。
鉄道模型レイアウト背景

このトロマットは布の材質。写真や細かい文字は潰れてます。
鉄道模型レイアウト背景

ターポリンは皮っぽいです。印刷は精細で鮮明ですが、厚くて重いです。めくったりする使い方には向いてなさそう。
鉄道模型レイアウト背景

あまり精細である必要性はないので、布系から選ぼうかと思います。
今回は背景にビルは入れず空だけにしたいですね。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

PC机上の空中お座敷レイアウト完成

早速ですが完成しました。空中お座敷レイアウト。
机の上の空中レイアウト
上から吊るした木の上にレールを敷いています。

机の上の空中レイアウト

KATOの京急2100形を載せてみます。
机の上の空中レイアウト

パワーユニットの電源ON。こう見ると、上から吊るしているのがよくわかります。
机の上の空中レイアウト

下から見上げる形になりますので、LEDテープのLEDひとつひとつがよく見えます。
机の上の空中レイアウト

走行時は揺れることなく、安定しています。
机の上の空中レイアウト

真上を列車が通過。
机の上の空中レイアウト

上下にE233系南武線を並べて見ました。いずれもKATO製。
机の上の空中レイアウト

机の上の空中レイアウト

机の上の空中レイアウト

机の上の空中レイアウト

tomixの瑞風など、連結しにくい車両はちょっと苦労します。
空中お座敷レイアウトを走るtomix瑞風

KATO四季島
空中お座敷レイアウトを走るKATO四季島
これで、いつでも思いついたら、さっと運転できるようになりました。

まぁ、普通にレイアウトで走行させたらいいのですが、運転台周りに物がたくさんあって、
片付けないといけないとか、車両を変えるにはアクリル板を外す必要があるとか、ちょっと手間がかかるので
お気軽に走行できる場所として、今回のお座敷レイアウトを準備しました。
P1110798_.jpg


ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

PC机上にNゲージエンドレスお座敷レイアウトの設置検討

先日、机の上に動作確認用の直線レールを敷設しました。
PC机とNゲージ

室内灯組み込み時の確認や、EH800のモーター短絡を受けて、tomix各車両のモーター動作確認など、結構重宝してます。
テレビ上の敷設したNゲージ線路
ここで往復運転をしてると、段々と欲が出てきて円状レールにしてエンドレス運転したいと思うようになってきました。

早速、tomixのPC枕木のレールを買ってきました。カーブレールはC280です。
一つ大きなC317がよかったのですが、スペースの都合からC280にしました。
tomixレール

カーブレールだけ繋いでみると、様子を見にきたこまちが入ってきました。
Nゲージレールと猫のこまち

直線レールを組み合わせても入ってきます。
お座敷レイアウト

次はホームセンターに行って木の板を購入。
木の板

レールの下に敷きます。カーブはちょっと苦労しました。
tomixレール

次の材料は釣り糸とフック。
釣り糸とフック

この直線レールのさらに上にエンドレスのレールを設置します。上から釣り糸で吊るすわけです。
机の上、レール設置個所

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

川崎駅東口エリアとレイアウト建設予定地のサイズを比較してみる

ブログ開設から10年を経て、ようやく川崎駅再現に向け動きだします。

レイアウトの川の右側、ここのスペースに川崎駅東口を作ろうと思ってます。
レイアウト右側

以前測定したレイアウト右側のサイズは以下の通りです。
SCARMで描くレイアウト右側
これを150倍すると、横は386m、縦は111mになります。

このサイズを川崎駅東口に当てはめてみました。
川崎駅東口にレイアウトサイズを当てはめる
© OpenStreetMap contributors

川崎駅東口にレイアウトサイズを当てはめる
© OpenStreetMap contributors

短辺方向は、駅ビルのアトレから京急高架まで、長辺方向は左下、ヨドバシが入るルフロンからリバークまで入り
ほぼイメージ通りでした。短辺方向がもう少し余裕欲しかったですが…

川崎駅行ったことない人も多いと思いますので実際の写真で見てみます。

まずこれが川崎ルフロンから見下ろす川崎駅東口です。ルフロンにはヨドバシカメラ等あり、
7月には「カワスイ 川崎水族館」がオープンします。
ルフロンから見下ろす川崎駅東口

ざっくりですが、レイアウトサイズの線を入れてみます。
ルフロンから見下ろす川崎駅東口、レイアウトサイズ追記

写真はちょっと古いのですが、駅ビル屋上にはビアガーデンがあります。
川崎駅ビル屋上のビアガーデン

手前のタクシー乗り場とバスターミナル。このターミナルは臨港バスばかりですね。市バスは奥のターミナルのようです。
川崎駅東口バス乗り場

夜景です。
川崎駅東口夜景

上の夜景で、中央の緑に光っている筒の辺りから、ルフロンを見るとこんな感じです。
川崎駅東口ルフロン

これは京急車内から撮影した川崎駅東口正面です。
川崎駅東口正面

ここからイメージ膨らませて、実際に手を動かすところまで持っていきたいところです。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

SCARMでうちのレイアウトを描く

以前、試しに使ってみたレイアウトデザインソフトSCARM
scarm.jpg

その時、枠だけ描いてみました。
kawa_20191006223741e19.jpg

うちのレイアウトも作成中だったのですが、GW中に残りを仕上げました。
SCARMで描いたマイレイアウト
普通はソフトでデザインしてから実物作るのですが、今回は実物を採寸してツール上に再現。結構面倒でした。
試用版ではパーツ数が足りなくなったので、ライセンス料払って正式版にしてます。

改めて見ると、川の左側のこのあたりのレール配線がいまいちです。
SCARMで描くレイアウト左側

入線・留置できる車両をとにかく多くしよう(15線あります)
P1130206_.jpg

P1200440_.jpg

ホームの有効長を長くしよう
P1020598_.jpg

貨物駅も併設しようと
P1120637__201701182339293c2.jpg
いろいろ欲張って現物合わせで配線したため、ポイント付近のカーブが不自然にきつかったりと
なんとかしたいなぁと考えてます。

川の右側の配線は特に不満はないのですが、御覧の通りのスタイロ平原が広がっており
レイアウト右側全景

まずはこの平原のサイズを測って、備忘録として残します。
SCARMで描くレイアウト右側

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄道模型レイアウトデザインソフトSCARMを使ってみる

このスタイロ平原も出来てもうすぐ10年になります。そろそろ放置気味のレイアウト製作を少しずつ進めようとしています。
P1710475_.jpg

そこでネックになるのが、レイアウト内の正確な寸法がわからないことです。
今まで大体の現物合わせでレールを敷いてきましたが、寸法がわからないと、これから作りにくいということで
今さらながらレイアウトの設計図を書いてみようかなと。

10年以上前に、このソフトを使って
P1710492_.jpg

前住居のプランを作って、レイアウト製作しました。前回はtomixレールでしたが、今はPECOですのでこのソフトは使えません。
P1060423__201910170049570c3.jpg

ネットでいろいろ調べると、鉄道模型のレイアウトをデザインするソフトは複数あるようですが、SCARMというのを選んでみました。
scarm.jpg
フリーのツールですが、パーツ数の制限などあり、代金払えば制限なくなるようです。
使ってみて、今後も役立ちそうなら代金払おうと思います。

まず、最初に悩んだのがレイアウトの土台のサイズをどう入力するのかということ。
上に並んでいるツールバーをいろいろ見ましたがすぐにわからず。

結局、右クリックで「ベースボードの作成」を選べば簡単にできました。
次はマウスで線を引くと、微妙な座標決めが難しい…これもツールボックスを開いて座標入力で出来ました。
慣れないツールは最初が難しい。
kawa_20191006223741e19.jpg
これがうちのレイアウトのサイズです。

3Dボタンを押せば3D表示。
layout2.jpg

レールを並べるのは直感的で迷うことはありませんでした。tomix、KATOなど各社のレールもありました。うちはPECOですが。
layout3.jpg

次に悩んだのが、窪地の作り方。当レイアウトでは真ん中の川がレールよりも低い位置にあり、その作り方がわからず。
それらしいメニューはないし…と、悩んだ後にチュートリアルの動画を鑑賞。最初から見りゃよかったのですが。

左のレールを選ぶところに、フィギュアというのがあり、そこから入力しましたが、
ビルのように上へと延びるばかり。
layout7.jpg

これもレール全体を高くすることで、窪地が作れることに気付きました。わかってみりゃなんてことないのですが。
layout4.jpg
これで、ようやく自分のレイアウトを作る準備が出来ました。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりに軽くレイアウトをいじる

結構、長い間レイアウト製作をさぼっており、リハビリがてら軽くレイアウトをいじってみます。P1590755_.jpg

レールに挟まれたアスファルト部分、
P1590757_.jpg

こんな感じでコンテナやトップリフターが動きまわるところですが、コンテナ撤去してそのままになってます。
P1120637__201701182339293c2.jpg

このアスファルト部分は嵩上げしたスチレンボードの上に置いてるだけです。
P1590762_.jpg

先っちょ部分はバラストの上に浮いている感じでしたので、
今回固定してみます。使ったのはこれ。
P1590764_.jpg

こねてバラストの上に貼り付けます。
P1590766_.jpg
がっちり固定して、後で取りたくなった時困らないよう、そこそこの粘着力のものを選びました。

P1590767_.jpg

隙間から粘着剤が見えてしまいます。
P1590772_.jpg

いつも使うこのバラストで隠します。
P1590774_.jpg

後で塗装しようかと思います。
P1590777_.jpg

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

レイアウト・駅の撤去とレール磨き

レイアウトにある、こちらの駅。
P1360519__2018090222051922e.jpg

KATOのホームを使っていますが、屋根が高すぎます。
P1290596_.jpg
一番手前の683系と見比べると、車両高さの2倍くらいのところにホーム屋根があります。

なので、このホームを取り換えるべく、取り外してみました。
P1590229_.jpg

ホームを設置したのは2010年ですので、8年ぶりにこの姿に。
P1590218_.jpg

レイアウトはこのように、全体をアクリル板で覆っていますが、
P1110613_.jpg

作業のためアクリル板を外していますので、ついでに掃除も行いました。
P1590232_.jpg
掃除機で掃除した後、折りたたんだキムワイプをリレーラーに巻いて、
無水エタノールに浸して、レールを磨きます。

こんな感じで汚れが取れました。
P1590236_.jpg
紙屑が少し出たので、次からは布を使ってみます。

レイアウトをアクリルで囲うようになったのは2年前ですが、効果は絶大です。
2年たってもほとんど埃はありません。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tomix 新型島式ホーム(都市型)照明無しを試しに購入してみる

1,2ヶ月前に発売された、tomixの新型ホーム、試しに買ってみました。
P1410914_.jpg

ふんだんに写真が使われているパッケージ。
P1410915_.jpg

パッケージ裏。
P1410918_.jpg
本当は照明付の方が気になるのですが、使う予定もなく試しの購入なので、照明付きは高すぎでやめました。

ホームセットとグレードアップパーツセットの中身。
P1410921_.jpg

一番目立つのは、このホーム端、点字ブロックですね。このリアルな印刷がいい感じです。
P1410923_.jpg

ホーム中央にはパーツ取り付け用の穴。駅名標パーツは照明を通すために透明。
P1410928_.jpg

この辺に配線やLEDがつくようですが、照明無しセットなのでパーツはなし。
P1410926_.jpg

KATOのホームと比べてみます。左がtomix、真ん中がKATO通常の島式ホーム、右側が近郊型ホームです。
P1410932_.jpg
現在、右端のKATO近郊型ホームをレイアウトに設置しています。

このホームの屋根が高すぎるので変えたいと思い、今回も試しでtomixホームを買ってみました。
P1410956_.jpg

ホーム上の印刷は新しいだけあって、今回のtomixホームが一番きれい。
P1410935_.jpg

レイアウトで試しに置いてみました。
P1410966_.jpg

屋根高さはコレくらいがいいですね。
P1410960_.jpg

P1410979_.jpg

ただ、うちのレイアウトではKATOホームの幅を基準にレールを敷いていますので、
P1410981__201708112137309ce.jpg
tomixホームを置いてみると…

列車との隙間が開きすぎてます…まぁ、最初からわかってたのですが。
P1410983_.jpg

こちらはKATOホーム。
P1410989_.jpg
大きさ&屋根の高さ的には、KATO通常ホームがいいのですが、細部の作りが劣るので悩ましいところです。
もう少し考えて見ますか…

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

駅の屋根の高さを考える

こちら、当レイアウトにある唯一の駅です。ホームはKATOの近郊型島式ホームを使っています。
P1290116_.jpg
5年くらい前にはこの形にはなっていましたが、当初より気になることがありました。

それはホーム屋根の高さ。
P1160170_.jpg

ちょっと高すぎではないか?と思ってました。
P1130261__20120703214802.jpg

P1130206_.jpg

こう見ると、車両高さの倍くらいのところにホーム屋根が来ています。
P1130272_.jpg

実物を見ても、在来線ではそんなに高くはありません。
P1250670__2017050716504702f.jpg

P1170671_.jpg

それに、こんな風にホームの上に架線柱を通したいと思っています。
P1160100_.jpg

しかし、屋根が高すぎて架線柱が浮いてしまいます。
P1160096_.jpg

そこで同じKATOの通常の島式ホームを試しに買ってみました。
P1360799__201705071700108c2.jpg

比べてみると、高さがまるで違います。
P1360802_.jpg

P1360805__201705071700134aa.jpg

P1360809_.jpg
低い方が自然に感じます。ホームの幅は同じですので、全て低い方に取り替えようかと悩み中です。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンタ
現在の閲覧者数
プロフィール

kq2100

Author:kq2100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
記事一覧
記事一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
相互リンク
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村



RailSearch



月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示