FC2ブログ

橋を架け替える

当レイアウト中央には川がありますが、川を跨ぐ橋が手前側に複線2本、単線1本
P1120957_.jpg

奥側に単線4本
P1120944_.jpg
計7本の橋が架かっています。

トラス橋はtomix製を使っていますが、それ以外のレールはPECO Nファインです。
tomixとPECOはハンダで接続をしていました。ハンダがとれたら付け直せばいいやと軽く考えていました。

当時、tomixのジョイナーをそのまま使い、PECO Nファインと接続して確認してみるとこのように段差が大きかったからです。
P1010637__20140928205802daa.jpg

接続してから4,5年たち、最近ハンダが割れて通電不良&脱線することが多くなってきました。
トラス橋と通過する車両の重量をハンダ箇所で支えるようになっていたのも失敗でした。

今は線路周りにあまりストラクチャ等がありませんのでハンダし直しも出来ますが、
レイアウト製作が進むとハンダも厳しくなります。

そこで、橋を架け替えるため単線のトラス橋5本を取り外しました。
P1240925_.jpg

P1240928_.jpg

今回、tomixとPECOの接続はtomixではなくKATOのフレキ用ジョイナーを使ってみました。
P1240940__201409282109394a7.jpg

tomixのジョイナーではPECOの方が下ですが、今度は上に来ています。
ジョイナーの刺さる場所が違うためです。tomixジョイナーでは赤線、KATOジョイナーでは黄線のところに刺さります。
KATOジョイナーの方が段差は小さいです。PECOレールの方をやすりで削って、段差を埋めました。

KATOジョイナーで接続して早速、試験走行。
P1240942_.jpg
全く問題ありません。最初からこうしておけば…

もう一つ。今回トラス橋をウェザリングしてからフラットクリアをふいてみました。
P1240943_.jpg
既存のもの(複線のトラス橋)に比べ大分プラ感がなくなり、いい感じになりました。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tomix複線曲弦大トラス鉄橋をいろいろ置いてみる

昨日、帰宅するとこんな大きなダンボールが届いていました。
P1070296_.jpg

中身は新しくtomixから発売された複線曲弦大トラス鉄橋です。
P1070298_.jpg

早速、置いてみますと…
P1070307_.jpg

P1070305_.jpg
凄い大きさ&存在感です。

長い橋には新幹線が似合います。
P1070326_.jpg

これだけ長いと線路も軽く跨げます。
P1070317_.jpg

駅を跨いでみると、貨物駅途中のところまでとなり、全てを跨ぐのは無理でした。
P1070353_.jpg

2つ繋げるとさらに凄い存在感。
P1070335_.jpg

いやぁいいですね。この橋。なんとかレイアウトに組み込みます。
新幹線が走る高架に使おうと思います。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tomixミニレール、レイアウトへの組込み

前回、C103は厳しいことがわかりましたので、もう一つ半径の大きなC140を用意しました。
外側がC140です。これでもtomix標準のC280の半分です。
P1130279_.jpg
例のごとく走行試験です。
P1130283_.jpg

P1130285_.jpg

P1130290_.jpg

P1130293_.jpg
いずれも問題なく通過できました。

と、ここまで単にレールで遊んでいたわけではありません。
レイアウトへの組込みをするべく確認していました。

C140は厳しいですが、何とか敷設できました。
P1130341_.jpg

P1130330_.jpg
しかしスペースの都合上、単線なのは惜しいところです。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tomix スーパーミニカーブを試す

ヨドバシでふらふらと見ていたら、こんなものに手を出してしまいました。
レイアウトのレールはPECOですので、tomixレールは久しぶりです。
P1130248_.jpg
tomixの標準カーブは半径280mmのC280ですので、このC103はなんと半分以下になります。

レイアウトに置いてみると、こんなスペースにまで設置できて驚きです。
P1130273_.jpg

P1130277_.jpg
ミニレールの存在は知っていましたが、どの車輌が通過できるのまでは知らなかったので
さっそく走行試験です。

KATOの富山ライトレール。
P1130261_.jpgなんとか走りますが、ちょっとギクシャクしています。

次は、KATO叡電900形 出町柳行きです。
P1130264_.jpg
こっちは、かなりきついです。嫌な音もします。
P1130267_.jpg
さすがに最小のC103は厳しいものがありそうです。
とはいえ、このミニレール面白そうです。もう少し楽しんでみようと思います。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

渡り線の運用(2) パワーユニットの配線変更

次は、渡り線を使うために、パワーユニットの配線を変えます。

こちらは手作りのポイントスイッチボックスです。
P1060560_.jpg

背面はこのようになっています。
P1060524_.jpg
大きなコネクタの1,2はポイントが繋がっていますが、3,4は今まで何も繋がっていませんでした。
今回、4にパワーユニット、3にレールを接続しました。

赤丸で囲った13番、14番が渡り線になりますが、白のポイントスイッチの他、黒のトグルスイッチで
電源供給を切り替えます。
P1060520_.jpg
13番ですと、黒のスイッチが上の時は赤と黄色は別々のパワーユニットから供給、
下の時は、一つのパワーユニットから供給します。

まぁ、ただそれだけで、大層なことは何もないのですが…

早速、渡り線を使ってみます。ヤードに停車中の251系です。
P1060525_.jpg

ゆっくりと出発します。
P1060528_.jpg

川を越えて、0番線へ入線です。
P1060538_.jpg

駅を出て、渡り線を通過します。
P1060545_.jpg

再度、駅に入線してトワイライトの横に留置します。
P1060548_.jpg

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

渡り線の運用(1)

まだ、高架もないレイアウトですが、
現在のレイアウトは、このように複々線となっています。
P1060501_.jpg
しかし、この各線は独立しておりお互いに車輌が乗り入れることが出来ず、
運転時に不便を感じています。というのも、各線で留置できる編成数に差があるためです。

P1060555_.jpg

P1060552_.jpg

赤字が一番外側の線で、8編成留置できます。一番内側が黒字で7線留置可能です。
一方、真ん中の2線、青と黄緑は各3線になります。(緑は別の箇所に一箇所ヤードがあります)

そのため、車輌をいろいろ入れ替えられる外側、内側の線に比べ、
間の2線は入れ替えが少なく、いつも同じ車輌になりがちです。

しかし、実はこの2線は途中で分岐し、下っていきます。(N700,E3を留置しているところです)
P1060556__20110223000904.jpg

さらに下り、レイアウトの下に潜りこみます。
P1060558_.jpg
この先はまだ未作成ですが、レイアウト全体を使った広大な地下ヤードを建設する予定です。

地下ヤード作成は、まだまだ先の話ですので、手っ取り早く車輌交換できるようにします。
実は、そのための渡り線はすでに準備済みだったりします。
P1060534_.jpg
でも、電気的な配線をしていないため、運用していませんでした。この配線をしていきます。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

PECOポイントの接触不良

ホームがたくさんあるので、奥行きを感じる写真を撮れないものかと、いろいろ撮ってみました。
こう見ると、京都駅というよりはホーム全体が屋根で覆われた金沢駅や札幌駅のような
雰囲気を感じます。なんというか、雪国っぽい感じを…
P1030491_.jpg

ホーム全体が覆われるといえば、大阪駅ですかね。
久しぶりに行ったら、屋根もほとんど出来ていました。各ホームの屋根が取り外されると
大分開放的な感じになりそうです。
P1030297__20101009213310.jpg

P1030315__20101009213308.jpg
ホーム上の広場が出来たら、上から大阪駅を眺めるのが楽しみです。

さて、レイアウトの方ですが、いろいろ走らせていると変な現象が発生…
意図しない車輌が動き出したりしました。これなんですが、わかります?
P1030469_.jpg
ポイントはキハ85系(ワイドビューひだ)の方を選択していますが、
なぜか583系の方の前照灯、室内灯が点灯しています。このレイアウトはDCCではないので
ポイント選択した方のみが通電するはずなのに。

原因はPECOポイントの接触不良でした。
P1030466_.jpg
赤丸の箇所でレール同士で接触して、電気的に切り替えを行っているのですが
ここの接触が悪かったようです。ポイント部分も塗装していたので無水エタノールで
洗浄して、復活しました。

また、ポイント周りはコルク道床が見えています。
ポイント動作不良の副作用が怖かったので、バラスト散布を行わなかったためです。
線路周りの茶色と同じような色ですので、コルク道床が見えていても、
あまり気にならないためそのままとしています。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

レール塗装準備

ホームの製作も大分進んだので、ブログでアップしよう。と思っていたのですが…

最近のホーム関係の記事は人気がないようで、今までの記事と比べても
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
をクリックしてくださる方が少なく、ブログランキングが急下降中です…
なので、ホームの記事は一旦やめて今後のレール塗装に向けた記事にします。

前から塗装するといいつつも、週末の天気や予定がうまくあわずなかなか塗装に
取り掛かれないのですが、その前にやることがあります。

バラストを固着する際に使ったマットメディウムがレール表面に付着しているため
導通が悪いので、付着しているマットメディウムを取り除きます。

こちらレール表面に付着している状態です。
P1000529_.jpg

P1000535_.jpg

この状態では車輌はまともに走りません。ガクガクして最後には止まります。

これら汚れは割り箸をこすりつけて除去します。
こすりつけた割り箸は真っ黒になります。
P1000536_.jpg

他にも割り箸は活躍します。
このようにバラストが多すぎて枕木を覆い隠してしまった場合、
P1000531_.jpg

割り箸でバラストをガリガリと削りとります。
P1000532_.jpg

15線も割り箸で削っていると腕が痛くなってくるため(結構力使います)
休みを入れながら進めます。

今週末の3連休は晴れる日があると思いますので、いよいよエアブラシに挑戦予定です。

オマケ。買いだめした室内灯。
P1000539_.jpg
半額以下で売っていたので、こういった消耗品はそういう時に大量ゲットです。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

地上ヤードの敷設(3) & EF510 500北斗星色 カシオペア牽引

ヤードの残り2線を敷設して、5線分の敷設が完了しました。
エンドレールはTomixのものを使用しています。
手動ポイントですので、どの線が選択されているかはエンドレールのLED点灯で判別します。
P1000268_.jpg

PECOならではの狭い複線間隔です。
P1000312_.jpg

そして、エンドレール、ジョイナーを買ったついでに
手を出したのが、上にも写っているEF510 500北斗星色です。
実は、カシオペア色待ちでこいつは購入予定になかったのですが
実物を見て、出来のよさに目を惹かれ、つい購入。

しかし!家に帰り開封してみると、字が欠けている…
P1000256_.jpg
EASTの"E"の真ん中の棒がありません。
まじまじと見ないと気付かないため、我慢します。

カシオペアを牽引。
P1000303_.jpg

12両引いても安定した走りです。
P1000297_.jpg

機関車はパーツや手すり、ナンバープレート等つけますが
このEF510 500北斗星色では、てすり含めパーツは取り付け済みです。

そして感心したのが、このナンバープレートです。
機関車買うのが久しぶりなので、これが初めてなのかはわかりませんが
ランナーがナンバープレートに直接繋がっていません。
P1000265_.jpg

切り離したときのバリが見た目を損なうこともありません。
しかもボディへの取り付け部がご覧のように大きくなっており
しっかりとボディへはまり、接着剤なしでも安定しています。
このような細かい改修は大歓迎です。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

地上ヤードの敷設(2)

コルク道床だけ敷設しておいた地上ヤード部分に、レールを取り付けていきました。
P1000202_.jpg
ちょっと、コルク道床を余分に敷設しすぎました…

ヤードは、このように5線設けています。
P1000211_.jpg
ヤードのポイントは全て手動です。運転台目の前ですので。

地上ヤード部分、地下ヤード導入部分は、複々線の本線より低くなっています。
P1000221_.jpg

川の向こうから。
P1000237_.jpg
ヤード2線が途中で途切れているのは、PECOのジョイナーが足りなくなったためです。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンタ
現在の閲覧者数
プロフィール

kq2100

Author:kq2100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
記事一覧
記事一覧
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
相互リンク
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村



RailSearch



月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示