FC2ブログ

静岡ホビーショー(その2:バスコレ、ストラクチャ)

ホビーショーレポート2日目です。まずは、走るバスコレです。
DSC_0061_.jpg

走りはスムーズで実感的でいい感じでした。道路に埋め込んだガイドに沿って走行します。
DSC_0059_.jpg

停留所で停止します。停止後の自動発進も可能。停止時間は設定できるとのことです。
DSC_0062_.jpg

DSC_0194__.jpg
かなり興味深いシステムですが、実際に自分のレイアウトに組み込むかというと
難しいと感じています。他のカーコレ、トラコレ車輌は走行しませんし、
バスコレ走行の専用車線となってしまうので。

でも、街中に設置するのではなく、ちょっと離れたところに走行車線として
導入するのはありかもしれません。同じ車線で複数台のバスが走れればさらによいのですが…

次はKATOの新たなビルシリーズです。
これはとてもいいですねぇ。既存品に比べ大きめで都心の風景に合いそうです。
DSC_0097_.jpg

丸井?屋上の清掃用クレーンまで再現してるのは芸が細かいです。
DSC_0099_.jpg
都市部のレイアウトで既存ストラクチャを使う場合、KATOのビルとTomixの総合ビルを
使いまわしてワンパターン化しやすい問題があったので、ビルのラインナップが増えるのは大歓迎です。

ただ、私の川崎駅前レイアウトでは、実在のビルを自作で作る予定ですので
これらビルは周辺部に配置することとなりそうですが、自作品と既製品との間で
クオリティの差が目立ってしまわないかが心配です。

各社のストラクチャです。質感等がそれぞれ異なりますので、
そのまま各社のものを混在されると不自然な感じとなりそうです。
街の雰囲気等で使い分けるかする必要がありそうです。
DSC_0178_.jpg

DSC_0176_.jpg

DSC_0154_.jpg
立体駐車場はいいですね。と思ったらビル基本セットの1階のみを20セット使ってるのか…
それならその部品のみで売ってほしいところですが。

車はレイアウトに乗り切らないほどの数があるので、余剰分を駐車場に配置するのはいいかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

静岡ホビーショー

【予約】[プラモデル][1/24]エイムゲイン ユーロエディション 200クラウン アスリートNo90【発売日未定】【アオシマ[AOSHIMA]】 ★2010年静岡ホビーショー新作商品価格:2,646円レビュー平均:0.0 第49回静岡ホビーショーが今年2010年も開催されますが、第1回が1959年なの...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 こんばんは。

 ホビーショーの情報は私のような田舎者にはありがたいですね。
 それにしてもジオタウンのビルにはやられました。これだけの規模の物が複数出るとは。

 私の場合は架空都市という設定なのでビル街でも既製品メインで敷地の制約があったり雰囲気上欲しい性質の建物がある場合に改造や自作をしています(その場合は実在の建物をモチーフに使うことも多いですね)

 それだけに建物の種類が増えるのはありがたいのですがこれだけリリースのペースが上がると先ず敷地探しから始めなければならない気がしますね。

Re: No title

こんばんは。
最近はレイアウトのストラクチャ、小物類はTOMYTEC系ばかりでしたが
KATOも負けていませんね。これだけの完成度ですと4つとも購入してしまいそうですが
私も、その後に設置箇所で悩むという本末転倒な状態になりそうです。

私は今まで既存ストラクチャに改造を加えたり、自作したりすることはなかったので
今回のレイアウトが初挑戦となります。そのあたり光山市交通局さんのページも
参考にさせていただきたいと思っています。
アクセスカウンタ
現在の閲覧者数
プロフィール

kq2100

Author:kq2100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
記事一覧
記事一覧
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
相互リンク
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村



RailSearch



月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示